美肌には免疫力アップが欠かせません

皮膚は内臓を映し出す鏡といわれています。これは肌がきれいであることは内臓が健康な証拠ということもできます。そのためきれいな肌でいるためには、まず健康な身体を保つということが必要となるのです。健康を支えるには3つの重要な要素があります。「神経」「ホルモン」「免疫」の3つであります。この中でも特に免疫は細菌やウィルスから守る防御隊の役目を果たしております。そしてこの免疫は最も生活習慣の影響を受けやすく生活によってコントロールしやすいといわれています。この免疫についてもう少し詳しく見ていきましょう。細菌やウィルスなどの異物から身体を守る免疫反応を司るのは主に白血球の役目であります。私たちの身の回りには様々なウィルスや細菌がいますが、免疫システムが正常に働いていればそれらのウィルスや細菌に感染することはありません。しかし免疫力が低下するとそれらに感染しやすくなるのです。免疫力が低下する原因として、加齢、睡眠不足、運動不足、偏った食生活、ストレス等が挙げられます。加齢については仕方ない面がありますが、その他のことについては生活習慣によってコントロールすることが可能であります。そのため年を重ねるごとに免疫力を上げることを意識した健康的な生活を送ることが健康ひいては美肌への近道といえるでしょう。

ここでは食事によって免疫力アップが期待される抗酸化作用のある野菜についてご紹介します。まず βカロテンが多い緑黄色野菜は皮膚や肌の粘膜を強くする食材を摂り、ウィルスを侵入させない働きがあります。βカロテンを多く含む食材には人参、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜、ピーマンなどがあります。またユリ科・アブラナ科の野菜には免疫システムを司る白血球を活性化させる働きがあります。ユリ科の野菜にはにんにく、玉葱、長ねぎ、にらなどがあり、アブラナ科の野菜にはキャベツ、大根、ブロッコリー、小松菜、水菜、白菜などがあります。
ミュゼ SSC方式

これらの食材をバランスよく摂って免疫力を高め美肌を作っていきましょう。